スポーツ談義あれこれ

高校野球、格闘技などのスポ話に沖縄情報も

秋季九州大会  まであと
image

〈平成27年9月12日〜10月11日〉

【準決勝】
八重山 7−6 那覇商
興南 3−1 嘉手納

【準々決勝】
八重山 9−2 中部商
那覇商 4−3 宜野座
興南 7×−0 前原(8回コールド)
嘉手納 2×−1 八重山商工(延長10回)

【3回戦】
八重山 6−2 宜野湾
中部商 7×−0 北部農林(7回コールド)
宜野座 7−2 小禄
那覇商 5−0 西原
興南 3−2 豊見城南
前原 1×−0 未来沖縄(延長13回)
八重山商工 7−2 与勝
嘉手納 7−1 未来工科

【2回戦】
八重山 11−1 那覇(6回コールド)
宜野湾 9−8 知念(延長10回)
中部商 6−4 コザ
北部農林 4−3 那覇西
宜野座 7−0 浦添(7回コールド)
小禄 4−3 那覇国際
西原 9−1 名護商工(7回コールド)
那覇商 10×−3 真和志(7回コールド)
興南 4−1 久米島
豊見城南 4−1 南風原
前原 9×−2 具志川(8回コールド)
未来沖縄 7−4 陽明
与勝 3−0 浦添商
八重山商工 6−2 宮古
嘉手納 11×−1 石川(6回コールド)
未来工科 2−0 沖縄水産

【1回戦】
那覇 2×−1 豊見城
宜野湾 8−2 宮古工業
知念 6−3 向陽(延長15回)
コザ 8×1 北中城(7回コールド)
中部商 8−4 球陽
北部農林 11−6 美里
那覇西 13−0 北谷(7回コールド)
宜野座 9−2 沖縄工(7回コールド)
浦添 4−2 沖高専
小禄 4−0 本部
那覇国際 3−2 普天間
名護商工 5−3 開邦
西原 5−0 浦添工
那覇商 7−1 首里東
真和志 5−2 北山
久米島 18−0 具志川商(5回コールド)
豊見城南 8×−7 那覇工(延長10回)
南風原 12−6 南部工
前原 3−2 糸満
具志川 7−5 名護
未来沖縄 5−2 昭和薬附
陽明 6−5 読谷(延長14回)
与勝 11×−1 宮古総実(5回コールド)
八重山商工 8−1 美里工
宮古 7−4 首里
嘉手納 10×−0 南商南農連合(5回コールド)
石川 23−1 中部農林(5回コールド)
未来工科 10×−0 沖縄尚学(5回コールド)
沖縄水産 10−2 八重山農林(7回コールド)


★沖縄岡山交流試合〈平成27年8月26日〉

玉野光南 6―0 八重山
創志学園 12―4 八重山


★新人中央大会〈平成27年8月8日 〜 8月12日〉

【決勝】
八重山 5−2 興南

【3位決定戦】
浦添商 2−1 宜野座(延長11回)

【準決勝】
八重山 4−1 宜野座
興南 8−5 浦添商

【準々決勝】
宜野座 6−4 豊見城南
八重山 8−0 西原(7回コールド)
浦添商 7−0 宮古(7回コールド)
興南 7−6 美里工

【1回戦】
宜野座 4−2 中部商
豊見城南 3−2 嘉手納
八重山 8−1 小禄(7回コールド)
西原 4−1 本部
宮古 4−3 沖縄尚学
浦添商 9−8 糸満
美里工 5−4 石川


★秋季九州大会<平成25年10月26日〜10月31日>

【決勝】
沖縄尚学 4−3 美里工業

【準決勝】
鎮 西 1−4 沖縄尚学
美里工業 5−1 神村学園

【準々決勝】
早稲田佐賀 2−6 鎮 西
美里工業 1−0 創成館
波佐見 1−9 沖縄尚学(7回コールド)
神村学園10−6 日章学園

【2回戦】
沖縄尚学 3−1 日南学園
大分商業 0−1 美里工業
日章学園 3−0 多良木
早稲田佐賀3×−2 八重山商工(延長12回)
鹿 島 1−4 創成館
波佐見12−9 杵 築
神村学園 7−3 西日本短大附
鎮 西 3−2 九州国際大付

【1回戦】
八重山商工 3−0 指宿商業
宜野座 2−6 日章学園

【出場校】
 九州国際大付(福岡 
 西日本短大附(福岡◆
 早稲田佐賀(佐賀 
 鹿 島(佐賀◆
 創成館(長崎 
 波佐見(長崎◆
 多良木(熊本 
 鎮 西(熊本◆
 杵 築(大分 
 大分商業(大分◆
 日南学園(宮崎 
 日章学園(宮崎◆
 神村学園(鹿児島 
 指宿商業(鹿児島◆
 美里工業(沖縄 
 沖縄尚学(沖縄◆
 八重山商工(沖縄)
 宜野座(沖縄ぁ


12日(土)から
各ブロックの秋季大会覇者を集めての
明治神宮大会が行われています。

高校野球の部で出場している
駒大苫小牧ですが、

強すぎです。

1回戦の
駒大苫小牧対清峰の試合、
昨日のテレビ放送見逃したので
試合内容は知らなかったんですが…

6−2で
駒大苫小牧が完勝したようです。

報道が先走ったおかけで
雲行きが怪しくなっているが、
何とか実現してほしいカードである。

もし実現すれば、
大晦日の男祭りでは
武士道のタイトルマッチ以上に盛り上がるかも。
正式発表後は、過去の柔道時代の因縁とかを
取り上げ、無理やりにでも話題性を作るんだろうなー
であっても、観たいカードであることには違いない。

それに比べて、同日行われる他団体のカードは…
(ある意味勇気のいる選択ではある)
そんな団体に
前田氏もよくつき合っているものだ。

日本人同士の柔道王対決、
果たして
今年のPRIDEのベストバウトともいえる
五味・川尻戦を超えられるか


人気blogランキング参加中

今度のU−Styleで組まれたカードです。
正式発表されました。

ミーシャというと、すぐに思い出すのがリングス時代の勇姿。
リングス初期は、ボルク・ハンディック・フライらがリングスを
盛り上げいてましたが
ミーシャはリングス中後期にジワジワと台頭を表してきたという印象が
あります。

リングス参戦当初は、パワーはあるけどそんなに強いとは思いませんでしたが
次第に足関節で極めるような試合が増え、
リングスの外国人選手のなかでも、活躍した選手のひとりだと思います。

ちょっと前のPRIDEで久しぶりにミーシャの試合を
観ましたが、ボコられKOされてる姿をみると、(相手が悪かった)

「やはり過去の人か」

と思っていたところへ、このカードのニュース。
かつてのリングス時代と同じようには動けないにしても
あの強いミーシャをまた観てみたいものです。
(それにしても懐かしい)

九州大会準優勝の立役者は、
何といっても

金城長靖

でしょう。
エースの大嶺君が投げられない間
マウンドを守り、打っては主軸の3番打者として
大活躍の九州大会でした。

決して体格的に大きいとはいえないのですが、
あの長打力はどこからくるのでしょう?
コールド勝ちを決めるホームランもありましたし。
私が観た試合のなかでは、決勝の清峰戦以外は
ほとんど凡打がなかったような印象です。

また、投手のほか内外野の守備にもついたりと
抜群の野球センスを感じさせる選手です。

金城長靖
背番号1
右投げ左右打ち


人気blogランキング参加中

秋季高校野球九州大会決勝を観てきました。

結果は、今夏甲子園を沸かせた清峰高校(長崎代表)が7-2で勝ち、
見事初優勝を飾りました。

が、何と沖縄代表の八重山商工
準優勝という素晴らしい成績を残しました

おめでとう!八重山商工

おそらく来春の選抜出場は確定的だと思いますが、
八重山商工というと、沖縄本島よりもさらに
南の石垣島にある高校。
まさか人口5万足らずの小さな島から甲子園に出場する
高校が出てくるなんて…
本当にうれしい