ブログネタ
総合格闘技 に参加中!
えっ・・・。目を疑いたくなるような追加カード発表。

K−1戦士ファーストタイプ角田 信朗『大みそか12月31日に大阪ドームで開催される「K−1 PREMIUM 2005 Dynamite!!」の対戦カード発表会見が5日、都内の帝国ホテルで行われ、今年3月の曙戦で現役復帰を果たした角田信朗の参戦が決定。対戦相手には身長197センチ・体重138キロの巨躯を誇る“新世紀の超獣”ザ・プレデターに決まり、K−1ルールで対決することが発表された。』

このニュースは昨日知りましたが、あまりの衝撃の強さに何とコメントしていいのやら・・・。
K−1も困ったことをしてくれます。
試合に出せども出せども負け続ける曙を、見事初勝利に導いた角田に対し『よくぞやってくれた』と評価したい気持ちもわかりますが、大晦日に角田はないでしょう。いくらなんでも。

『抜群の知名度から言っても、大みそかにこそふさわしい選手。視聴率の面でも大いに期待できますし、我々40代の同世代の人たちに勇気を与えてくれるような試合を期待しています』
との谷川氏のコメントがありますが、本気ですかね。いや、きっと本気なんでしょうが、真面目にそう考えているところがすごいです。

私のような凡人には到底理解できない域にまで谷川氏は達していらっしゃるようです。(実際のところはザ・プレデターの相手がみつからず、曙のときのように『困ったときの角田頼み』ということなんでしょうけど)

角田も角田で引退試合までしているのに、何事もなかったかのように何度も復帰し、記者会見ではザ・プレデターのパネルを破壊。『エンジンがかかってきた。トップギアに入ってレッドゾーンに突入した表れ』とほざいていたりする。
プライドも何もないただの二枚舌のオヤジに成り下がってしまった。そういうオッサンのどこに感情移入していいのやら。またまた困惑

いくらメインのカードではないといっても、『ダイナマイト』の導火線ともいえるつなぎのカードがこれでは・・・

途中で火が消えてしまいそう。

人気ブログランキングへ