ブログネタ
K1 に参加中!
昨年末の格闘イベントからまだ10日しかたっていないが、早くもK−1が始動。
MAXの日本代表トーナメントが開催される。

スポーツナビ | ニュース | MAX日本代表決定T 全カード発表=K-1
今年も人類最激戦区の頂を目指して過酷な戦いがスタートする。「K?1 WORLD MAX2006?日本代表決定トーナメント?」(2月4日、さいたまスーパーアリーナ)の開催記者会見が10日、都内・ホテルで行われた。
 例年通り8人で争われる日本代表の座だが、今年はメンバーを大幅に入れ替え。8人中5人がトーナメント初出場というフレッシュな顔触れとなった。

最近のK−1は、大晦日でのあのつまらない内容が示すように、場当たり的なカードの組み方が多く評価を下げる一方であるが、そのなかにあって単純にMAXはおもしろい。

中量級選手のスピード感あふれる動きが、何が起きてもおかしくない雰囲気を感じさせる。K−1を観るときはいつも『ながら』であるが、MAXは『ながら』では観ることができない。

発表されたカードも、8人のうち5人がトーナメント初出場というのも観る側には新鮮でいい。
上山の初参加は興味深いが、いきなり立ち技の試合に出て勝てるほどMAXは甘くないだろう。

メンバー全体をみて、佐藤が抜けてるような印象を受ける。順当なら佐藤か。
このほかスーパーファイトとして、ブアカーオVSザンビディスの好カードも組まれている。

大晦日に惨敗だったK−1だが、2006年は巻き返しを狙う。
弾みをつけたい重要な大会がこのMAXである。

人気ブログランキングへ