ブログネタ
トリノ冬季オリンピック に参加中!
女子は3人が決勝進出。昨日の男子が4人とも予選落ちだっただけに、決勝に残れただけでも凄いことをやってのけたように感じてしまう。期待された決勝だったが、最高が9位とメダルにまでは届かなかった。

スノーボードHP 3人が決勝進出 - livedoor スポーツ
1回目で予選通過を決めた中島志保に続き、2回目では伏見知何子、山岡聡子の2人が決勝進出を決めた。9番目で出場した伏見は34・8点で6位。21番目に出場した山岡は35・6で5位につけ、決勝へコマを進めた。


決勝進出を決めた3人と対照的なのが、今井メロ。
特に二回目に転倒した後は起き上がれず、仰向けのままゆっくりと滑り降りるさまは何とも表現しがたいものがあった。腰をおさえたまま号泣し担架で運ばれたが、腰の痛みよりも二回とも失敗したことに対する悔しさのほうが大きいだろう。

兄妹そろっての予選落ち。
さすがに二人揃ってのメダル獲得は難しいだろうと思っていたが、こういうことになろうとは。二人にとってはつらい五輪となったかもしれないが次を目指してほしい。結果は別にして、次こそ五輪の舞台で大技を決めてもらいたい。

スノーボードという競技を五輪以外の場で観ることはほとんどない。というか、普段は観ようともしていないので全くの観戦初心者であるが、常に失敗と隣り合わせの技を繰り出しているにしても、その失敗する確率が他競技に比べて高いような気がする。日本人選手の失敗が印象に残っているせいかもしれないが、本人の力プラスαが必要な競技なのだろう。

それと、採点基準が・・・さっぱりわからない。コメントする者としては致命的である。
ブログに書くこと自体無理があったか。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ