先日セリエの処分が決定し、プレミアトップクラブの選手獲得競争が激化していると報じられたばかりであるが、今度はそのプレミアに不正調査が行われているという。

プレミアでも大スキャンダルか - livedoor スポーツ
セリエAに続き、プレミアリーグでも大スキャンダルが生まれる可能性があると、15日付の英紙デーリー・メールが伝えた。今年3月から同リーグが着手している過去2年間の不正移籍調査でマンチェスターU、ニューカッスル、ミドルズブラ、ボルトン、ポーツマスの5クラブに再調査の必要が生じたという。

調査内容は移籍の際の不正をめぐるもので、セリエのそれとは質が異なる。そのまま調査が終結するというのが大方のみかただろう。
ただ、セリエのように、調査進行とともに問題が徐々に発覚し最後は大スキャンダルへと発展する可能性も、たしかに否定できない。

とりあえずは別件で引っ張り、本質は徐々にということなのか。
もしそうだとしたら・・・

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ