世界陸上の競歩で失格となった山崎選手だが、誤誘導の原因は周回記録員の聞き間違いという。

山崎“失格”の原因は聞き間違い??livedoor スポーツ
世界選手権男子50キロ競歩で、競技員の誘導ミスのため“失格”となってしまった山崎とともに出場した谷内が「ローカル大会の後方であった、と聞いたことがあるくらい」という誘導ミスは、なぜ起きたのか。

甲子園決勝の佐賀北−広陵戦でのあの一球をめぐり、大会後も審判の判定が取り沙汰され監督までもが審判のジャッジについてコメントするという異例の事態となったが、今度は運営側の失態だ。

かつて、大阪国際女子マラソンでレース終盤浅利とトップ争いをしていた安部が、コースを大きく間違え優勝を逃したことが思い出されるが、そのときと違って今回は『誤誘導』という選手には責任のない運営側の問題。

[世界陸上]競技運営本部長らが謝罪会見 競歩誤誘導??livedoor スポーツ
会見に出席した高橋勲・道路競技審判長は、審判員の経験を問われて、「がんばってやっている。たまたまミスが出た」と発言。

トラック外での競技は運営側にとっては、より困難がつきまとうことは予想できるが、『失格』という覆らない判定が下るのであれば、許されないミスであったことには違いない。それを『たまたまミスが出た』という審判長のこの発言。
これからは、たまたまミスが出ないことを願うしかない。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ