ブログネタ
高校野球 に参加中!
10月9日北谷公園野球場で第57回沖縄県高校野球秋季大会決勝が行われた。
決勝のカードは中部商対沖縄尚学。今大会の第一シード対第三シードという組み合わせで1ヶ月前の新人中央大会準決勝の再現となった。

中部商・湧川、沖縄尚学・東浜の両エースはともにベンチスタート。今大会の最目標であった九州大会出場権はすでに得ていること、また昨日の準決勝でともに完投していることからも当然予想はしていたが。

3回から観戦したが、平日といえども北谷公園野球場はほぼ満員。盛り上がる応援席と相反してこれといって動きのない試合ではあった。5回裏に沖縄尚学がレフト超え三塁打からの3連打にスクイズ二つを絡めて3点を奪い試合を決めた。それにしても沖縄尚学投手陣は見事。沖縄一の強力打線を誇る中部商を零封した。

中部商はチャンスはあったが一本が出ず、また外野への飛球をポンポン上げていたのが目についた。序盤に先制していたら違った展開になっていたのだが。

意外にも終盤の8回から沖縄尚学・東浜が登坂。キレのあるストレートとスライダーはコントロールされており、中部商が打てそうな気配はみじんもない。ああいうピッチングをされると、高校生ではそうそう打てないのだろう。
2イニングをピシャリと抑え、沖縄尚学があっさり優勝した。

敗れたとはいえ、中部商も湧川は投げていない。先の新人中央大会準決勝で中部商にコールド負けした沖縄尚学が東浜を投げさせなかったように。
ともに次の目標は九州大会の準決勝進出。それぞれの思惑があるのだろう。

胸を張って九州大会に送り出せる投の沖縄尚学と打の中部商。
この二校の九州大会での活躍、今年は期待大。

中部商 000 000 000 0
沖縄尚 000 030 00X 3

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


高校野球 ブログランキングへ