ブログネタ
高校野球 に参加中!
昨日に続き22日も天候は芳しくない模様。球場に向かう道中は小雨がぱらついており、予定どおり試合が開始されるのか半信半疑のまま沖縄セルラースタジアムへ。
ところが、球場付近はすでに雨は上がっており、両チームの選手たちが元気にシートノックを受けていた。

005

007

危うい空模様ながらも沖縄県高校野球秋季大会の2回戦
普天間−真和志
を観戦してきた。

010

予定どおり午前9時試合開始。
真和志の先発は左腕・山入端。スピードはないものの走者なしでも常にセットからと、丁寧に放るタイプ。
一方、普天間の先発は大城。こちらは対照的にストレートの割合が多く力で勝負するタイプ。球場のスピード表示は、確認したなかではMax135km/hであった。

017

ところが、その力のある速球を真和志打線は見事にはじき返す。
初回に一三塁のチャンスを逃した真和志は、2回裏2死一塁から右中間を破る三塁打で先制。さらに続く3回裏もヒットと2四死球で満塁とし、スクイズを決め点差を2点に広げる。

023

019

走者は出すものの要所を締める山入端に抑えられていた普天間は、6回表2死二塁からの三塁打で1点を返す。普天間にとってはそのまま流れを引き寄せたいところであったが、7回裏に真和志が追加点を上げ、再び2点差に。

簡単に2死をとったあとの四球がまずかった。普天間にとっては三者凡退でリズムよく攻撃に転じたい場面であったが、この四球のあとの右前安打で一塁走者が三塁を狙い、普天間内野陣の三塁への送球が大きくそれ、ランナーは一気にホームまで返ってしまった。

025

015

これでリズムを取り戻した山入端が8、9回と三者凡退にきってとり、真和志が3−1で普天間を敗った。

普天間 000 001 000 |1
真和志 011 000 10× |3

勝利した真和志は3回戦で中部商業と対戦する。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


高校野球 ブログランキングへ