ブログネタ
高校野球 に参加中!
開会式に続き、沖縄セルラースタジアムの
八重山商工−指宿商業
の試合を観戦してきました。さすがに九州大会ともなると、同じ休日でも沖縄大会とはお客さんの入りが違います。素晴らしい環境のなか八重山商工はいい試合をしてくれました。

068

064

080

1回表指宿商業はヒットとエラーで1死二三塁とし、先制のチャンス。沖縄大会でも幾度となく目にした立ち上がりのこの展開。しかし、このピンチを遊ゴロ、三振と今日も無失点で切り抜けます。

12人には痛すぎる…

3回裏八重山商工は、1死二三塁と先制のチャンスを迎えます。5番・馬場の当たりはセンターへの飛球。3塁ランナーの宮良がタッチアップして本塁に突っ込みますが……。
119120121
このように完全にセーフのタイミングでしたが、相手捕手の巧いブロックに阻まれてタッチアウト。しばらく立ち上がれなかった宮良選手ですが、試合には最後まで出場しました。

もうひとつヒヤッとしたのが、6回裏の馬場への死球。スタンドからだと、頬に当たったようにも。うずくまる馬場に駆け寄る両校の選手たち。

129

馬場も宮良同様、最後まで試合に出場。どれくらいの怪我なのか詳細はわかりませんが、翌日に影響しない程度であることを祈るのみです。

スクイズ スクイズ スクイズ

6回裏八重山商工は無死満塁とし、ここでとった策はスクイズ。これが見事に決まり八重山商工が先制。この回もうひとつスクイズを決め、さらに8回裏も1死三塁からのスクイズが成功。
この試合で八重山商工が挙げた得点はすべてスクイズ。沖縄大会の2回戦と3回戦はスクイズで試合を決めましたが、九州大会でも大事な場面で決めてくれました。

138

132

ただ、同じスクイズでも沖縄大会では走塁死等の拙攻の故のスクイズでしたが、九州大会では違います。得点には結びつきませんでしたが、7回裏には1死一塁から見事に初球エンドランを成功させたりと八重山商工らしい積極的な攻めも垣間見え、また自らチャンスを潰してしまうような場面もありませんでした。

101

148

162

沖縄大会に比べ四球が多かったとはいえ、終わってみれば馬場投手が被安打6の完封。八重山商工が指宿商業を3−0で下し、九州大会の初戦を突破しました。

指宿商 000 000 000|0
八商工 000 002 01×|3


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


高校野球 ブログランキングへ